お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年11月12日

TRALI

TRALIとはtransfusion-related acute lung injuryの略で
輸血関連急性肺障害と日本語では表記されます。

病態を一言で言い表すなら輸血によるARDSです。
鑑別すべき疾患はTACOですが
これはいずれ別の機会に書こうと思います。

輸血中もしくは輸血後6時間以内に発症する
重大な副作用ですから研修医くんも
診断できるように知っておいていいと思います。

TRALI、TACO鑑別診断のためのガイドライン2015が
近年作成されました。

●TRALI、TACO鑑別診断のためのガイドライン2015
必須項目
 A)輸血中 or 輸血後6時間以内の発症
 B)PaO2/FiO2 ≦ 300 mmHg or SpO2<90%(RA)
 C)胸部X線で両側肺浸潤影
 D)容量負荷所見なし
  以下の臨床所見、検査所見を夫々1項目以上満たさないということ
   臨床所見
    血圧上昇
    頻脈
    頸静脈怒張
    聴診異常(III音)
    呼吸窮迫症状(過呼吸、頻呼吸(>20回/分)、起坐呼吸、咳)
   検査所見
    BNP>200 pg/mL or NT-proBNNP>900 pg/mL
    PCWP>18 mmHg
    CVP>12 cmH2O
    心臓USで左室径拡大、収縮能低下、IVC拡大と呼吸性変動低下
    CTR拡大
 E)輸血前にARDSを認めない
 F)ARDSに関連する輸血以外の危険因子を認めない
    直接的肺障害
     誤嚥、肺炎、有害物質吸入、肺挫傷、溺水
    関節的肺障害
     重篤な敗血症、ショック、多発外傷、熱傷、急性膵炎、心肺バイパス、薬剤過剰投与

参考所見
 G)48-96時間以内の改善
 H)明らかな肺障害の指標上昇
    炎症:発熱、CRP、WBC上昇
    肺上皮細胞障害:SP-D、KL-6上昇
 I)利尿薬が無効
 J)供血者に白血球抗体が存在
 K)輸血前値に対してPaO2が10 Torr以上低下 or 相当するSpO2低下

>>>
A-Fを全て該当
 G-Iを全て満たすならTRALI(ほぼ確実)
 少なくともJを満たすならTRALI(ほぼ確実)
 上記以外ならTRALI疑い

B以外該当
 Kが該当
  G-Iを全て満たすならTRALI(ほぼ確実)
  少なくともJを満たすならTRALI(ほぼ確実)
  上記以外ならTRALI疑い
 Kが該当しない
  G-Iのうち2項目以上を満たすならTRALI疑い
  少なくともJを満たすならTRALI疑い
  上記以外ならTRALIとは診断できない(TACOの可能性あり)

D以外該当
 G-Iのうち2項目以上を満たすならTRALI疑い
 少なくともJを満たすならTRALI疑い
 上記以外ならTRALIとは診断できない(TACOの可能性あり)

F以外該当
 possible TRALI

その他
 TRALI・TACOの診断は困難
 TADなどを考慮

上記は自分のメモですが、
図で確認したい場合は
上記ガイドラインをご確認ください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:13 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち