お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年11月22日

グリコサミノグリカン

グリコサミノグリカンとは
ムコ多糖の一種です。
狭義のムコ多糖ともされています。

ムコ多糖とは動物の粘性分泌物から
得られた多糖のことで、
グリコサミノグリカン(GAG)は
その代表ということになります。

殆どのGAGはウロン酸とアミノ糖の2糖構造が
40-100繰り返す直鎖状の多糖構造です。
例外はケラタン硫酸で
ウロン酸ではなくガラクトースです。

通常は硫酸化されていて
コア蛋白に結合して
プロテオグリカンを形成しています。

この例外がヒアルロナンです。

種類は様々あります。

ヒアルロナン(ヒアルロン酸)
デルマタン硫酸
コンドロイチン硫酸
ケラタン硫酸
へパラン硫酸
ヘパリン

軟骨の構成成分だけではなく
お薬も含まれますから、
一応グリコサミノグリカンについては
知っておきたいものです。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:42 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち