お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年11月27日

肝血管腫

肝血管腫は良性腫瘍の一つです。
多くは無症状で偶発的に見つけられます。
人間ドッグでは2.3%の頻度とされていますので
かなりありふれた疾患です。

ですから救急などで腹部エコーを
当てる機会が多い研修医くんは
典型的なエコー所見について
知っておきたいところです。

腹部超音波の所見ですが、、、

 Bモード
  形状
   円形や類円形、境界明瞭、不整(細かい凸凹あり・被膜がないため)

  内部エコー
   高エコー型
    境界明瞭な高エコー腫瘤として描出されるのが70-80%
    APシャントを伴うことが多い
    2 cm以下に多い
   腫瘍辺縁高エコー型
    marginal strong echo
   混合エコー型
    2 cm越が多い
   低エコー型

 ドプラ所見
  辺縁〜内部に点状の信号あり

 特徴的な所見
  wax and wane sign
   月の満ち欠けのように経時的に内部エコーが変化する
  chameleon sign
   体位変換により内部エコーが変化する
  disappearing sign
   プローブ圧迫により内部エコーが変化する
  fluttering signal・ミミズサイン
  音響増強

といったものがあります。

肝海綿状血管腫の画像診断ガイドライン2007によると
エコーで典型的所見がみられた場合でも
CT・MRI検査は必要とされています。

とくに背景肝の評価で慢性肝障害や
肝表面の凹凸・肝縁鈍化など肝硬変らしさがあれば
生検まで検討が必要になることもあります。

また診断したとして放置ではなく
フォローが推奨されています。
※間隔については記載なし

肝血管腫については専門医ではなくても
対応が必要になることがありますので
知っておくことが重要です。

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:21 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち