お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年12月06日

高血圧

高血圧を主訴に救急受診される患者さんは
少なくありません。

高血圧性脳症、高血圧性心不全、
高血圧性網膜症といった臓器障害が
あるかないかを判断することが重要です。

そういった臓器障害がなければ
例えば拡張期血圧が115以上だが
臓器障害の症状がない状態であっても
救急室で戻すくらい急激なのはむしろ有害です。

家庭血圧をみていきながら
24-48hでその患者の
妥当な血圧に戻すことが
重要とされています。

ですから血圧が高いからと
ペルジピン!!というのは
むしろ危ないので慌てないでください!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:28 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち