お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年12月21日

腰椎穿刺 頭痛

腰椎穿刺による頭痛は
正式には硬膜穿刺後頭痛、
以前は腰椎穿刺後頭痛と
呼ばれていたものです。

腰椎穿刺の時には対応できる様に
しっかりと知っておきたい病態です。

PDPHは以下の様な特徴をもつ
頭痛が主症状です。

 穿刺後数時間から3日以内に生じることが殆ど
 体位によって変化する強度の頭痛
  完全な臥位でのみ頭痛が軽快
  立位で悪化
 非拍動性の鈍い痛み
 両側性の後頭部や前頭部に起こる

頸部痛、嘔吐を伴うこともあります。

腰椎穿刺により髄液の量および圧が減少します。

それにより座位や立位で頭部の位置が高くなると
痛覚感受性のある脳底部の
髄膜が伸展し頭痛が生じるとか、
脳脊髄液の減少で相対的に脳内の血液量が増え
硬膜静脈洞や架橋静脈などの血管拡張をきたし
痛覚受容体が刺激されるとかの
病態が推察されています。

対処の方法としては、
横臥(枕をとる)、水分摂取励行、
弾性腹帯、カフェイン、鎮痛薬
などでまずは観察です。

それでも難しい場合は
硬膜外自家血注入療法
(ブラッドパッチ、epidural blood patch、EBP)
も検討されます。

重要なのは予防です。

細い針を使用する(24-27 ゲージ)
穿刺針が脊髄腔へ到達後はできる限り針先を回転させない
針を抜くときに内筒を入れてから抜く

といった自分たちにでもできることは
しっかりと取り組んでいきたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:11 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち