お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年12月29日

縫合糸 種類

縫合糸の種類についてです。

 合成
  非吸収(長期間の組織の保持が必要な時に使う、心、弁、腱)
   モノフィラメント(組織損傷が少ない、よじれやねじれには弱い)
    ナイロン(エチロン、表皮に使う)
    ポリプロピレン(プロリーン、心血管に使う)
    ポリヘキサフルオロプロピレン(プロノバ)
    スチール(サージカルスチール、骨)
   ブレイド(あみこみなので結び易い、感染し易い)
    ナイロン(ニューロロン)
    ポリエステル(エチボンド、マーシリーン)
  吸収(加水分解までの期間に差がある)
   モノフィラメント
    ポリジオキサノン(PDSII、PDSプラス)
    ポリグリカプロン25(モノクリル)
   ブレイド
    ポリグラクチン910(バイクリル、バイクリルプラス、バイクリルラピッド)
 天然(異物反応があり、Lot差もある)
  非吸収
   モノフィラメント
    なし
   ブレイド
    シルク(サージカルシルク)〜親水性高い
  吸収
   モノフィラメント
    羊腸、牛腸→日本では販売中止
   ブレイド
    なし

皮膚損傷については
ナイロン糸が多いと思います。
縫合糸 太さも参考にしてください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 12:21 | Comment(0) | 皮膚科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち