お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年01月22日

後頭神経痛

後頭神経痛は救急でよく出会う
後頭部痛の重要な鑑別疾患の一つです。

というわけで診断基準は
知っておきたいところです。

国際頭痛分類第3版β版
 診断基準A
  片側 or 両側の痛みで基準B-Eを全て満たす
 診断基準B
  痛みの範囲が大後頭神経、小後頭神経、第3後頭神経の1つ以上の支配域と一致
 診断基準C
  痛みの特徴が以下3点のうち2点以上を満たす
   数秒から数分続く痛みの発作を繰り返す
   激痛
   ズキンとする刺すような鋭い痛み
 診断基準D
  痛みは以下の両方に当てはまる
   頭皮または頭髪を刺激すると異常感覚やアロディニアが出現する
   障害された神経枝の圧痛あり or トリガーポイント(大後頭神経の出口部 or C2領域)あり
 診断基準E
  痛みは局所麻酔薬によるブロックで一時的に改善する
 診断基準F
  他に最適な診断がない

上記以外には嘔気・めまいはないということも
診断を支持する情報です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:後頭神経痛
posted by いしたん at 01:06 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち