お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年01月23日

頭蓋内圧亢進症

頭蓋内圧亢進症とは
頭蓋内病変による圧排、
脳組織障害による血液脳関門や
自動調節能の破綻による脳虚血や脳浮腫、
髄液流出路の異常などにより
頭蓋内圧>15 mmHgの状態です。

症状としては、、、

頭痛:頭蓋内圧亢進の三徴候
嘔吐:頭蓋内圧亢進の三徴候
意識障害
痙攣
記憶障害
人格障害
外転神経障害:長いので障害を受けやすい

といったものがみられます。

重症になってくると
クッシング現象がみられ、
さらにひどくなると脳ヘルニアになります。

これは命に関わる重篤な病態です。

ですから症状とバイタルサインで
脳圧亢進症は疑える様になりたいものです。

頭痛が主訴の方で
高血圧、徐脈、不規則呼吸がみられ、
瞳孔異常がある患者さんに対して、
速やかに頭部CTを撮像しに行った
研修医くんに拍手を贈りたいと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:52 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち