お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年02月06日

病院経営

病院経営は部長達の色々な思惑が
ぶつかりあって決まっていくと思いますが、
それで勝った先生もいれば
負けた先生もいます。

今日はその負けた先生の
お話を伺う機会がありました。

ある病院は総合病院から
超急性期病院に病院経営の方針を
舵を切ることになったそうです。

そうすると、、、

初診を増やせ!
再診は減らせ!

という発言が多くなったそうです。

負けた先生は膠原病科医。
初診だけで終わるような疾患の
専門医ではありません。

難病センターを作ろうとしたり、
地域との病診連携を作ろうとしたり、
より患者さんに安心できる
システム作りをされてきたそうです。

その行動には素直に
素晴らしいなと思いました。

しかしそれでも黒字経営を目指す経営陣に
追い出されてしまったそうです。
つまり消化器科、循環器科、
脳卒中科に負けたそうです。

勤務医は概して勘定が
不得意なことが多いです。

黒字化を目指そうとする
勤務医が多いのは大変素晴らしいと思います。
またそれをそんなことをしても
達成するという筋が通ったところも
また好感が持てます。

しかし儲けだけを考えて、
一つの診療科を切り捨てる、
つまり総合病院という形態を失うことは大きな痛手だし、
別の専門医を受診するのに
別の病院に行かねばならないのは
患者さんにとってもデメリットかなと思いました。

このような動きが強くなってくると
儲かる科とそうでない科で
医者の待遇もぐっと変わってくるのでしょうね。

うーむ。色々と考えさせられました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:34 | Comment(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち