お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年02月12日

赤芽球癆

赤芽球癆は赤血球系前駆細胞の
増殖・分化が選択的に
障害される病態の疾患です。

正球性貧血を示し、
骨髄検査で赤芽球の低形成(<5%)
網赤血球の減少(<1%)で診断します。

原因は以下の通り多岐に渡ります。

先天性
 Diamond-Blackfan貧血
後天性
 特発性:日本における慢性PRCAの三大原因
 続発性
  薬剤性:50種類以上
   アロプリノール
   α-メチルドパ
   アザチオプリン
   カルバマゼピン
   Cephalothin
   クロラムフェニコール
   クロルプロパミド
   クラドリビン
   クロピドグレル
   ジフェニルヒダントイン
   エリスロポエチン
   エストロゲン
   Fenbufen
   フェノプロフェン
   フルダラビン
   金製剤
   ハロタン
   IFNα
   イソニアジド
   ラミブジン
   リュープロレリン
   リネゾリド
   Maloprim(dapsone and pyrimethamine)
   Methazolamide
   MMF
   D-ペニシラミン
   ペニシリン
   フェノバルビタール
   フェニルブタゾン
   プロカインアミド
   リファンピシン
   サラゾスルファピリジン
   Santonin
   バルプロ酸
   ST合剤
   スリンダク
   タクロリムス
   Thiamphenicol
   トルブタミド
   ジドブジン
  感染症
   パルボウィルスB19
    遺伝性球状赤血球症
   HIV
   肝炎ウィルス
  胸腺腫:日本における慢性PRCAの三大原因
  リンパ系腫瘍
   大顆粒リンパ球性白血病:日本における慢性PRCAの三大原因
   悪性リンパ腫
   慢性リンパ性白血病
  骨髄性疾患
   骨髄異形成症候群
  リウマチ性疾患
  固形腫瘍
  妊娠
  ABO major不適合ドナーからの同種造血幹細胞移植

ということで赤芽球癆と
診断がついたら終わりではありません。
そこから原因の追求が
必要なことをお忘れなく!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 12:06 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち