お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年02月15日

医師 看護師 バレンタイン

医師と看護師の間のバレンタインは
年齢により様々な意味合いがあるなーと
今年は思いました。

研修医の時代なんかは
恋愛の要素が強かった気がします。
ロッカーの前で同期のナースさんが
待ち伏せしていたりとか
そんな時代もありました。笑

今の時代はそんなことはもうないのかな?
本命チョコでも(この言葉が古い?笑)
SNSとかLINEとか使うのでしょうか。

おじさんドクターになってみると
新人ナースさんからチョコレートをいただくときに
ちょっとした会話でコミュニケーションがとれます。

「いつもありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします。」

普段は偉い先生は話しづらいようですが、
お互いに感謝を伝えられる
きっかけにもなりますね。

義理チョコって普段はあえて言わない
感謝を表現するための
ツールなのかなーなんて思いました。

感謝が色々なところにみられる
病院は働きやすいですから
そういう組織づくりをしたいものです。

さ、ホワイトデーを考えなくては!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち