お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年04月17日

遺伝性血管性浮腫

遺伝性血管性浮腫とは
血管性浮腫(いわゆるクインケ浮腫)の
原因の一つです。

突然出現(数時間で完成する)し
数時間から数日で消褪する
浮腫を呈する疾患です。
指圧痕は残らないNon-pitting edemaの
代表的な鑑別疾患です。

赤みやかゆみなどはなく
蕁麻疹とは違います。

自然と治るなら別に重要な疾患ではないのでは?
と素直に思うとは思いますが、
体のあらゆるところに浮腫がおこる可能性あり
(Am J Med . 2006 Mar;119(3):267-74.)
気道や消化管にも浮腫が起こることがあります。

消化管浮腫により、激烈な腹痛、
嘔吐、下痢を繰り返すため救急受診されます。
つまり急性腹症の重要な原因の一つです。

喉頭の浮腫のため窒息する可能性もあるとされます。

治療法もあります。
ですから疑わしければ血液検査で
C4、C1-INH活性、C1-INH蛋白量を
まずは測定してみましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:48 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち