お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年04月28日

コンパートメント症候群

コンパートメント症候群は
時に遭遇する疾患です。
すぐに整形外科コンサルトが必要なので
研修医くんでも知っておきたい病気ですね。

そもそもコンパートメントとは、
筋が包まれているところのことです。
骨、筋膜、骨間膜によって形成されています。

下腿には前方、外側、深後方、浅後方の
4つのコンパートメントがあります。
前腕には掌側、背側、橈側の
3つのコンパートメントがあります。

何らかの原因で組織圧(コンパートメント内圧)が
上昇した状態がコンパートメント症候群の病態です。

放っておけば(自然経過では)
血管の圧迫で循環障害、
筋や神経の機能障害や壊死といった
重篤な状態になります。

ということで疑うべき
症状や身体所見を覚えておきましょう。

5Pといわれています。

 疼痛(Pain)
 感覚障害(paresthesia)
 運動障害(paralysis)
 蒼白(Paleness)
 脈拍消失(Pulseless)

注意すべき点としては、
Pulselessは必ずしも認められないということです。
細動脈が圧迫されていても
動脈本幹が閉塞するだけの
圧力ではないときがあるためです。

5pをお忘れなく!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 18:29 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち