お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年05月21日

放射線

放射線についての勉強会がありました。

救急ではCTを撮るときに
必ず頭の中で被曝とメリットを
天秤にかけると思いますが、
実際きちんと理解しているかといえば
微妙なところです。

この際ですから少し復習しておきましょう。

まずは放射線の種類です。
大きく電磁放射線と粒子線に分けられます。

電磁放射線
 紫外線
 可視光線
 赤外線
 マイクロ波
 テレビ波(VHF、UHF、BS)
 ラジオ波(AM、FM)
 γ線:光子が飛んだもの
 X線:光子が飛んだもの

粒子線
 α線:ヘリウムの原子核が超高速で飛んだもの
 β線(電子線):電子が超高速で飛んだもの
 陽子線:水素の原子核が超高速で飛んだもの
 中性子線
 π中間子線
 重イオン線
  12C、20Ne、28Si、40Ar

この中で被曝の原因となるものが
電離放射線といって
原子力基本法第3条第5号で定義されたものです。
上記ではγ線より下に書いたものが含まれます。

まだまだ放射線については
知識が必要ですが、
まずはその種類を覚えることが
基本だと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:24 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち