お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年05月27日

放射線 被曝

放射線の被曝については
医療者は放射線をよく使うので
しっかりと知っておきたいものです。

人体への影響については
線量に応じて確率はあがるが症状は同じ
「確率的影響」と
線量に応じて症状が重くなる
「確定的影響」があります。

簡単にいうと確率的影響は
成人では癌のことで、
確定的影響はそれ以外のことです。

被曝線量については
程度を掴んでおくことが重要です。
少しでも被曝したら即アウトではありません。

2 mSv/年以下は自然放射線に
晒されているレベルですので、
問題ないと思います。

100 mSv/5年は確定的影響が起こらず、
確率的影響が容認レベルだそうです。

100 mSvでは5人/1000人程度の癌が増えるようですが、
自然癌死亡率は300人/1000人ですし、
日本の中でも住んでいる都道府県が違うだけで
5人以上の差が出たりします。

つまり自然発生のばらつきに埋もれて
放射線が原因かは判断できないレベルということです。
なので、100 mSv以下を低線量域といいます。

これが放射線従事者の許容線量となっています。
つまり、ま、いっか〜というレベルでしょうか。笑

1000 mGyからはやばいと思ってください。
確定的影響が出てくるレベルです。
自覚症状も出てきます。

4000 mGyでは50%が死亡し、
8000 mGyでは100%が死亡するそうです。

こういう線量についての感覚があれば
パニックになることは少ないかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:26 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち