お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年05月30日

ステロイドパルス

ステロイドパルスとは
mPSLコハク酸エステルNa 1 gを
生食(5%Glu or 3号液)100(-500) mLに溶かして
1時間(30分〜2時間)で投与する治療法です。
3日間を1クールとします。

歴史的には1969年に
移植腎の急性期拒絶反応による
間質性腎病変に使われたのが
最初の報告だそうです。
(Lancet. 1969 Feb 15;1(7590):338-40.)

その後1976年にループス腎炎にも
有効だと報告があったため
(Lancet. 1976 Jan 24;1(7952):163-6.)
免疫疾患などで広く使われるようになったそうです。

ある免疫内科のドクター曰く
免疫内科の伝家の宝刀だそうです。笑

ある日のこと、、、

あるレジデントの先生が言いました。

「ステロイドパルスをするときって
 何かとってもエネルギーが湧くよね。
 ついつい「バルス」って言ってしまいそうになる。」

あー、伝家の宝刀を抜く気合を表現したんだねー。

『ははは、見ろ!病気がゴミのようだ』

ムスカになった悪ノリするレジデントくん。



想造ガレリア ロボット兵 FULL ACTION Ver.(MECHANICAL CLEAR)&ムスカ◆新品Sa【即納】【コンビニ受取/郵便局受取対応】

楽しい職場です。笑
決して患者さんの前では言わないでね。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:54 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち