お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年05月31日

高血圧 分類

高血圧の分類は疫学調査などから
日進月歩していくべきものだとは思いますが、



高血圧治療ガイドライン2019

ではまた変更が加えられました。

JSHガイドライン2019の分類

 正常血圧
  診察室血圧:sBP<120かつdBP<80
  家庭血圧:sBP<115かつdBP<75
 正常高血圧
  診察室血圧:sBP 120-129かつdBP<80
  家庭血圧:sBP 115-124かつdBP<75
 高血圧
  診察室血圧:sBP 130-139またはdBP 80-89
  家庭血圧:sBP 125-134またはdBP 75-84
 I度高血圧
  診察室血圧:sBP 140-159またはdBP 90-99
  家庭血圧:sBP 135-144またはdBP 85-89
 II度高血圧
  診察室血圧:sBP 160-179またはdBP 100-109
  家庭血圧:sBP 145-159またはdBP 90-99
 III度高血圧
  診察室血圧:sBP ≧ 180またはdBP ≧ 110
  家庭血圧:sBP ≧ 160またはdBP ≧ 100
 孤立性収縮期高血圧
  診察室血圧:sBP ≧ 140かつdBP<90
  家庭血圧:sBP ≧ 135かつdBP<85

ということでどんどんと正常血圧が
下がってきているということがわかります。

そして患者背景で更なるリスク分類が加えられました。

 リスク第一層
  予後影響因子なし
 リスク第二層
  65歳以上、男性、脂質異常症、喫煙のいずれかあり
 リスク第三層
  冠心血管病既往、非弁膜症性心房細動、糖尿病、
  蛋白尿+のCKD、リスク第二層が3項目以上

 まとめると、、、

  高血圧
   リスク第一層:低リスク
   リスク第二層:中リスク
   リスク第三層:高リスク
  I度高血圧
   リスク第一層:低リスク
   リスク第二層:中リスク
   リスク第三層:高リスク
  II度高血圧
   リスク第一層:中リスク
   リスク第二層、第三層:高リスク
  III度高血圧:高リスク

となります。
それぞれで介入の流行も
異なるように設定されています。

日常診療の中で高血圧患者さんは非常に多いので、
どの診療科でもアップデートしておきたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

posted by いしたん at 06:34 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち