お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年06月05日

コンサル 丸投げ

コンサルが丸投げだったんですよ。。。

レジデントちゃんが愚痴っていました。

事情はこんな感じみたいです。

循環器科からのコンサルトがありました。
端的に言うとCRP上昇だからあとはお願いします。
という感じだったそうです。

ROSは?身体所見は?
血液培養は?尿検査は?
レントゲン検査は?CT画像は?
という感じで何もされていなかったようです。

また病歴を見返すと末期心不全で
ADLも寝たきりで原疾患でも
かなり予後は悪いようでした。

主治医としてこの患者さんには
どこまでの治療をやるんですか?
と伺うとそれはそっちで決めてくださいとのお返事。

レジデントちゃんの怒りは
もっともかと思いました。

研修医くんには3つのレベルの
コンサルトがあると知っておいてください。

@丸投げ
A確定診断の相談
B治療の相談

です。

@はよくわからないからあとお願いというタイプ。
上記のように最もコンサルを受ける側が
イライラするタイプかと思います。
いろいろ考えた上での相談なら問題ありませんが、
何もしていないというのは問題です。

Aは検査を行って、鑑別診断をあげ、
これでいいかと専門医に質問するタイプ。
専門家からみれば不足する検査が多少あっても
それでもいろいろとされているので
かなり助かるものです。
ひとまずここを研修医くんは目指したいですね。

Bは診断を確定させ、重症度や原因を決めて
この治療をお願いします!
というレベルの相談です。
これはレジデントくんや専門医レベルでも
とても難しいですが全ての医師が目指したい場所です。

と言うわけで丸投げコンサルをしないでいいように
しっかりと研修医の時代に勉強しておきましょう!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:06 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち