お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年06月07日

造影剤 遅発性副作用

造影剤の遅発性副作用は
研修医くんでも知っておきたいものです。

皮膚症状
 発疹
 斑状丘疹性紅皮症
 紅斑
 掻痒症

嘔気、嘔吐
頭痛
筋肉痛
 腕の痛み
発熱
めまい
など

耳下腺炎
急性多発性関節症

といった症状がヨード造影剤投与後
30分〜1週間後までに出現してきます。
ACR manual on contrast media version 9, 2013

頻度としては非イオン性モノマー造影剤の…
0.52-50.8%(Eur Radiol . 2011 Nov;21(11):2305-10.)
14.3%(Radiology . 2010 Jun;255(3):764-71.)
9.7%(Radiology . 2006 Jul;240(1):56-64.)
と報告により様々ですが、
いしたんの感覚としては結構あると思います。

3日で75%が、7日で殆どが治る
という自然経過なので
特別な治療は必要なく
以下の様な対症療法でしのぎます。

 抗ヒスタミン薬
 ステロイド薬
 解熱薬
 制吐薬
 輸液

これを知らなかった研修医くんは
3日前にCE-CT撮像をした全身の発疹の患者さんで
ものすごくテンパっていました。笑
一つずつ学んでいきましょう!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【放射線科の最新記事】
posted by いしたん at 13:36 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち