お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年06月10日

リツキシマブ

リツキシマブ(RTX、rituximab)は
Ri-tu-xi-mabと分解するとわかると思いますが、
抗原認識部位がマウス由来、
定常部領域がヒト由来(IgG1κ)という
構造をしたキメラ抗体です。

生物学的製剤 名前も参考にどうぞ。

作用機序としては、、、

抗CD20抗体

抗体依存性細胞介在性細胞障害ADCC
補体依存性細胞障害CDC
アポトーシスを誘導

末梢血のB細胞は消失
pro-B細胞と形質細胞は残存する

B細胞は抗体産生 + 抗原提示 + 炎症性サイトカイン産生も行う
→T細胞の活性化も抑える

ということです。

CD20陽性B細胞性非Hodgkinリンパ腫が
元々適応として超有名ですね。
R-CHOP療法です。

しかし最近は適応疾患が広がってきていて
ANCA関連血管炎なども
使われるようになってきました。

副作用として注意したいのは
infusion reactionです。
注入速度は守りましょう。

また予防として投与前30分に
抗ヒスタミン薬と解熱薬の前投薬もしましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:43 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち