お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年06月21日

BUN/Cr比

BUN/Cr比は研修医くんでも
きちんと知っておきたい検査値です。

Crは腎機能の評価で最も使用されるものです。
筋肉量が減ってくると参考になりづらいため
eGFRやCCrなんかで補正すると
さらにモニターしやすくなります。

一方でBUNは以下の様な原因でも上昇します。

   腎機能障害
   脱水
   高蛋白食
   発熱
   外傷
   輸血
   消化管出血
   ステロイド療法

このためBUNだけでは腎機能の評価は難しいです。
一方上記のような腎機能障害とは
別の原因でも上昇することを逆手にとって、
BUN/Cre比を使うと他の原因を疑えます。

BUN/Cr比が、、、

   10以上
    蛋白摂取過剰
    消化管出血
    蛋白異化亢進(発熱、熱傷、ステロイド)
    尿路の不完全閉塞
    脱水
    心不全
    飢餓

   10が正常(基準値)

   10未満
    激しい嘔吐、下痢
    極度の低タンパク食
    腎不全を伴う肝不全
    透析後

です。
特に消化管出血ではよく用いられると思います。
参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 09:38 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち