お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年07月18日

NIHSS

NIHSSは脳卒中の時に使用する
神経学的重症度の指標です。

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血は
医療に携わるなら絶対にみると思いますので、
研修医くんにはNIHSSの採点が
ある程度できるようになってもらいたいものです。

NIH Stroke Scale(NIHSS)
 意識水準
  0:完全覚醒
  1:簡単な刺激で覚醒
  2:繰り返し刺激や強い刺激で覚醒
  3:完全に無反応
 意識障害(質問:今月の月名と年齢)
  0:両方正解
  1:片方正解
  2:両方不正解
 意識障害(従命:開閉眼、手の離握手)
  0:両方正解
  1:片方正解
  2:両方不正解
 最良の注視
  0:正常
  1:部分的注視障害
  2:完全注視障害
 視野
  0:視野欠損なし
  1:部分的半盲
  2:完全半盲
  3:両側性半盲
 顔面麻痺
  0:正常
  1:軽度麻痺
  2:部分的麻痺
  3:完全麻痺
 上肢の運動(左右それぞれで評価、仰臥位では45度)
  0:90度を10秒保持可能(下垂なし)
  1:90度を保持できるが10秒以内に下垂
  2:90度の挙上もしくは保持ができない
  3:重力に抗して動かない
  4:全く動きがみられない
 下肢の運動(左右それぞれで評価)
  0:30度を5秒保持可能(下垂なし)
  1:30度を保持できるが5秒以内に下垂
  2:重力に抗して動きがみられる
  3:重力に抗して動かない
  4:全く動きがみられない
 運動失調
  0:なし
  1:1肢
  2:2肢
 感覚:痛み刺激は胸骨、眉間、爪をおすこと!
  0:障害なし
  1:軽度から中等度
  2:重度から完全
 最良の言語
  0:失語なし
  1:軽度から中等度
  2:重度の失語
  3:無言、全失語
 構音障害
  0:正常
  1:軽度から中等度
  2:重度
 消去現象と注意障害
  0:異常なし
  1:視覚、触覚、聴覚、視空間、自己身体に対する不注意 or 1つの感覚様式で2点同時刺激に対する消去現象
  2:重度の半側不注意 or 2つ以上の感覚様式に対する半側不注意
 >>>
 42点中●点

採点の項目でした。参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 10:37 | Comment(0) | 卒中科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち