お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年08月18日

selectivity index

selectivity index(蛋白選択性試験)は
尿と血液のトランスフェリンとIgGを
測定して計算します。

SI = IgGクリアランス / Tfクリアランス = { U(IgG) / Serum(IgG) } / { U(Tf) / S(Tf) }

そしてSIの値が鑑別の役に立ちます。

   SI ≦ 0.2は尿蛋白の選択性が高い(高選択性)
    荷電障壁主体の障害
    アルブミンなどの比較的分子量の小さな蛋白が主体
    微小変化型ネフローゼ症候群

   SI ≧ 0.2は選択性が低い(低選択性)
    荷電障壁障害とサイズ障壁の障害が合併
    慢性腎症
    巣状糸球体硬化症

   SI ≧ 0.7は無選択性
    重症ネフローゼ症候群
    糖尿病性腎症
    アミロイドーシス
    慢性糸球体腎炎の末期

ということを意味します。
お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:44 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち