お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年09月13日

医学生のうちにやるべきこと

医学生のうちにやるべきことってありますか?

早期臨床体験実習
先日そんな話になりました。

なるほど。いい質問だ!

いしたんの個人的見解ですので
いろいろとご意見があると思いますが、
素直に答えました。
その内容を書いてみます。

まず、大学生をエンジョイしてください。
ここでしか出会えない人がいます。
ですからいろいろなところに行ってみてください。

部活やサークルだけではありません。
旅行だけでもありません。
セミナーや勉強会なんかもいいでしょう。

大学を出てもいいです。
ピースボートとかAMSA(アジア医学生連絡協議会)とか
社会人サークルとか企業家の卵の集団とか
飲み会とか合コンとか
ボランティアとか海外の医療者キャンプとか
海外への短期留学とかいろいろとあります。

後悔のない大学生活の人間関係が
きっとその後のハードな仕事を支えてくれます。

あとはここでしかできないこともあります。
それに打ち込むのもいいでしょう。
例えばインカレとか西医大とか、
大学時代にビジネスを立ち上げるとか、
そういったことに一緒に情熱を燃やした仲間も
かけがえのないものです。

次に、恋愛しましょう。

医学部受験のために高校時代まで
お勉強ばかりという先生も少なくありません。
恋愛はいろいろなことを教えてくれます。

人間のいいところも悪いところも含めて
わかってくることがたくさんあります。

そこで人生を捧げるパートナーに
出会えれば最高だと思いますが
出会えなくてもいいと思います。

そういう経験が患者さんをみていく上でも
きっと役に立ちます。

第三に勉強しましょう。

医学部に入ってからの留年や
国試浪人って特に意味はないです。

新たな世界を知るのは確かに意味不明だ
と思ってつまらないこともあると思いますが、
将来にもつながることですし、本質的には楽しいです。

あとは一年の無駄は定年直前の一年に影響します。
ということは2千万円程度の給料の差になります。
1年で2千万円失っていると思えば
死ぬ気で勉強できるかと。。。

あとは医学以外の見聞を広げるために
いろいろな本を読むこともオススメです。

第四にアルバイトをするなら
しっかりと稼ぎましょう。

家庭教師や塾講師はよくわからない学生さんに
丁寧に教えることになりますが、
医師としてわかりやすく患者さんに
医療情報をお伝えするスキルにつながるので、
ぴったりなバイトだと思います。

で、稼ぐ感覚を身に付けておくことです。

お金があれば全てが解決するわけではない。
でもお金がないとできないことがあることが
きっとわかると思います。

例えば数十万円するセミナーへの参加とか
海外へ医療留学するためには百万円程度は必要です。
あとは以下に書く第五にもつながります。

お金の大切さと有効性を知ることも大事かと思います。

第五に英会話は行っておきましょう。

医者になって英語は必須です。
海外の留学、学会発表、論文を読むなど
なくてはならないスキルです。

ですから義務ではなく楽しめる時期に
英会話を問題なくできる様にしておくといいです。

英会話教室は30万円程度はするので
お金は重要です。。。

最後にパソコンには慣れておきたいですね。

ブラインドタッチはもちろんですが、
エクセルも最低限動かせるようになりたいものです。

医学生は大忙しです。
COVID-19でやりづらいこともあると思いますが、
18歳から上記に取り組んでおくといいと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 09:04 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち