お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年09月21日

フェリチン

フェリチンは貧血のときに
測定すると思います。
(鉄欠乏性貧血では低下します。)

でもそれ以外にもフェリチンが
診断の手掛かりになる疾患は多々あるので
熱やCRP上昇の際にも測定しておきたい検査です。

フェリチンが上昇する機序は
鉄芽球性貧血など鉄の利用障害とか
貯蔵鉄の増加といった
鉄動態に関連したメカニズムが代表的ですが、
他にも覚えておきたいものが2つあります。

フェリチンは細胞内呼吸に必要で
殆どの組織の細胞質内に存在するため
細胞破壊の亢進が一つです。
悪性腫瘍がこの代表です。

もう一つがIL1β、IL-6、TNF-αなどで
転写・翻訳が亢進することです。
成人発症スティル病がこの代表例です。

鑑別にとって重要ですから是非覚えておいてください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 05:09 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち