お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年10月08日

腕神経叢神経障害

腕神経叢神経障害は末梢神経障害の一つです。
症状としては上位型と下位型に分類されます。

下位型
 中指に発する痛み・異常感覚が発端
 肘の重い痛み
 C7-Th1の領域の感覚神経・運動神経障害

上位型
 肩、親指、人差し指に放散する神経障害性疼痛

身体所見をとるときにしびれなど神経障害の範囲が
とっても重要ということです。

腕神経叢神経障害の原因は以下です。

腕神経叢引き抜き損傷
 神経根が脊髄から引き抜けた状態
 外傷
子供
 真性分娩麻痺
 上腕骨骨端線離開
成人
 肩の前方脱臼
 血腫による圧迫
 肺癌、乳癌、悪性リンパ腫などが腋窩・頸部・鎖骨上リンパ節などから浸潤する
 放射線治療

頸椎ヘルニアとか頸椎症という病名が下され、
悪性腫瘍が見逃されていた症例は
残念ながらいらっしゃいます。
ご注意ください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 05:13 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち