お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年10月10日

MRI

MRIは頻用する画像検査ですが、
その原理となるととても難しいです。

MRIとは水素元素のスピンがどうのこうの。。。
専門医ではないのでその辺りは正直どうでもいい。。。

その上その原理から撮像法までの繋がりが
意外と記載されていることが少ないです。

どちらかといえばそこが知りたい。
それぞれの撮像法の違いを
もうちょっと詳しく知りたい。

先日はそんな質問に答えてくれる
とても分かりやすいセミナーが
ありましたのでいしたんもシェアします。

MRIとは何の元素のどんな信号を
どうんな風に測定して
どういった次元に再構成するかを
どんな時間をかけて行うかがポイントなんだそうです。

元素
 NMRでは235種類が測定可能
  原子番号が奇数で質量数が奇数である元素
 種類
  1H:MRI
  13C
  17O
  19F
  23Na
  27Al
  31P
  43Ca
  129Xe
信号
 FID(自由誘導減衰)
 echo
  SE法(スピンエコー法)
  GRE法(グラジエントエコー法)
測定量:時間的変化と空間的変化のうちの7種類
 元素密度
  SD(スピン密度・Mo)
  PD(プロトン密度)
 緩和時間
  T1
  T2
  T2*
 拡散係数
  D(自己拡散係数)
 共鳴の変移
  δ(化学シフト)
  J(結合係数)
次元
 2次元
 3次元
 4次元
 MRS
 0次元
 1次元
再構成
 フーリエ変換
 投影再構成法
撮像時間
 通常
 高速

こういったパラメータを動かしていくと
それぞれの撮像法の違いになるそうです。

MRIのシーケンスはかなり奥深いですが、
非専門医でも少しは分かって気になって嬉しかったです。
研修医くんの参考になれば。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:MRI 原理 撮像法
posted by いしたん at 13:30 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち