お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年11月24日

単純性股関節炎

単純性股関節炎は小児に起こる関節炎です。
診断で重要なのは化膿性関節炎と鑑別です。
自然経過が全然違うからです。

単純性股関節炎の診断基準としては
いしたんは以下を使っています。

 急性、亜急性の股関節痛(大腿部痛、膝痛)
 異常歩行 or 歩行不能
 股関節の可動域制限(特に屈曲位での内旋制限)
 X線像で骨変化なし
 エコー、MRIで関節液貯留の証明
 2週間程度(最長2ヶ月)で症状が消失する

子供の股関節痛として
救急でたまに出会いますから
知っておきたい病気です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:14 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち