お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月12日

伝染性単核球症

伝染性単核球症(IM)は
狭義にはEBウイルスの初感染でおこる疾患です。

彼氏ができてキスをして感染するといった
病歴が多いのでkissing diseaseとも言われています。
恋愛関連を根掘り葉掘り問診するのは
とてもやりづらいですが、
診断の上で重要なポイントです。



聞かれたら可哀想だからといって
「問診しません」と仕事を拒否した
研修医くんに猛烈に伝えたい!!

■小児伝染性単核球症の診断基準
臨床所見:以下のうち3項目以上を満たす
 発熱
 扁桃・咽頭炎
 頸部リンパ節腫脹
 肝腫大
 脾腫
検査成績
 末梢血リンパ球≧50% or ≧5000 /μL
 かつ
  異型リンパ球≧10% or ≧1000 /μL
  or
  CD8+HLA-DR+ Tリンパ球≧10% or ≧1000 /μL
血清学的所見:急性期にEBNA抗体陰性で以下のうち1項目以上を満たす
 VCA-lgM陽性(10倍以上):幼児期の陽性率は低い
 VCA-lgG:ペア血清で4倍以上の上昇 or 640倍以上
 EA-lgG:陽性(急性期〜早期回復期に一過性に陽性になる)
 病初期からVCA-lgG陽性で後にEBNA抗体が陽転

ということで診断基準は
EBVをメインに据えたものになっています。
研修医くんでも少なくとも
これは覚えておきたいものです。

あとはEBV以外にも
CMV、HIV、HHV-6、HHV-7などで
単核球症様症候群をきたすことがあります。
ですからIMを疑ったらEBV以外にも
検査を出しておきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:07 | Comment(0) | 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち