お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月17日

軟性下疳

軟性下疳は性感染症の一つで
Haemophilus ducreyiが原因で生じる疾患です。
病原体は軟性下疳菌とも呼ばれますね。

日本では殆ど遭遇しませんが、
外国での感染機会のある患者で
考慮すべき病気です。

■症状
潜伏期:2週間以内

性器に軟らかい紅斑性丘疹が生じる
その後1-2日後に中央が膿疱化が破れる
 浅い潰瘍だが非常に強い痛みあり
 辺縁は鋸歯状
 潰瘍底は軟らかい(梅毒との違い)
膿汁により周囲に潰瘍が多発する
その後片側性鼠径リンパ節腫脹と膿瘍になる(有痛性横痃)

■合併症
AIDS
梅毒

先日潰瘍がありベーチェット病疑いで
紹介となった患者さんがいましたが、
HIV陽性でなんかおかしいということになり、
軟性下疳という方がいらっしゃいました。

性感染症は侮りがたしです。
不潔だということで嫌われがちではありますが、
知識としてきちんと知っておくべき疾患です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 14:35 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち