お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月19日

新型コロナウイルス ワクチン アストラゼネカ

新型コロナウイルス感染症のワクチンは
ファイザー、モデルナ、アストラゼネカの3社と
厚労省が契約しています。

英オックスフォード大との共同開発されている
アストラゼネカ製ワクチンは
チンパンジーアデノウイルスを使用した
ウイルスベクターワクチンです。

英国、南アフリカ、ブラジルで進行中の
4つのコホートの中間報告が出ました。
Lancet . 2021 Jan 9;397(10269):99-111.

有効率はコホート全体で70%でした。
ファイザーのmRNAワクチンの有効率と比べると
若干有効率が劣る印象ではありますが、
しかしFDAの承認要件の有効率 50%以上は満たしています。

重篤な有害事象である横断性脊髄炎は
計3例にみられています。
もちろん偶然の可能性もありますが、
何となく気になるところです。

このワクチンは1億2000万回分(6000万人分)が
供給される契約のようですから、
他人事ではありません。

知識として仕入れておきましょう!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:41 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち