お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月31日

不明熱

不明熱という言葉の使い方について気をつけましょう。

不明熱(Fever of unknown origin、FUO)とは
以下のように定義されています。

 38.3度以上の発熱が3週間以上にわたり何回かみられる
 3日間の入院精査 or 3回の外来診療で原因不明とされる
 (Arch Intern Med. 2003 May 12;163(9):1033-41.)

ですから救急外来でよくわからない発熱の
患者さんがいらしたとき
「先生、不明熱です」
と懸命に訴えてくる研修医くんがいます。

結局、先日の症例は急性扁桃炎でした。汗

単に自分の未熟さで診断できないことを
不明熱とは言ってはいけません。。。
診断がつけられませんと素直に表現しましょう。

もし仮に本当に不明熱であれば
膠原病とか悪性腫瘍とか鑑別や原因が
大きく変わってきます。
医学用語は適切に使用したいものです。

咽頭所見をつける自信がなければ
咽頭 写真で勉強しましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:01 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち