お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年02月15日

肺膿瘍

肺膿瘍とは病因が宿主の感染防御能を凌駕し
肺実質の壊死(肺の既存構造の破壊)が
生じた疾患です。

つまり殆ど既存の肺構造が破壊されない
一般的な肺炎とは全然違います。

例えば胸部CTの所見であれば
肺の中に空洞病変があるので、
結核、肺癌の腫瘍組織内壊死、
肺嚢胞感染、多発血管炎性肉芽腫症などとの
鑑別が重要になってきます。

また肺に基礎疾患がない人におこる
原発性肺膿瘍もありますが、
免疫不全の確認も必要です。

治療については抗菌薬での治療のみでは
病変のドレナージが不十分です。
よって排痰促進を目的とした理学療法
リハビリが必要不可欠です。

反応が乏しいようなら外科治療も考慮されます。

というわけで研修医くん、
肺膿瘍は抗菌薬さえ投与しておけば
何とかなるという病気ではないのです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:31 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち