お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年02月16日

肝炎

肝炎を引き起こすウイルスといえば
肝炎ウイルスですが、
それ以外にも沢山の種類があることを
忘れてはなりません。

 一般ウイルス感染:一般的には一過性で障害の程度が低い
  ヘルペス群
   EBV
   CMV
   HSV
   HHV6
   HHV7
  アデノウイルス
  パルボウイルス
  エンテロウイルス
   コクサッキーウイルスA・B
   エコーウイルス
  風疹ウイルス
  麻疹ウイルス
  黄熱ウイルス
  ラッサ熱ウイルス

 ウイルス肝炎
  HAV
  HBV
  HCV
  HDV
  HEV

というわけで少なくとも急性の肝機能障害と
発熱が組み合わさった患者さんがいたら、
上記ウイルスの可能性を頭の隅の方でいいので
挙げておくことが必要です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:08 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち