お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年02月19日

前立腺炎

前立腺炎は発熱を伴う
男性の尿路感染症の原因として
研修医くんでもきちんと理解しておきたい
疾患の一つかと思います。

前立腺炎はNIHによって
以下のように分類されています。
(Krieger JN Urology 1996)

  カテゴリーI:急性細菌性前立腺炎
  カテゴリーII:慢性細菌性前立腺炎で細菌検出あり
  カテゴリーIII:慢性前立腺炎で細菌検出なし
   慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群
   IIIA:炎症を有する
   IIIB:炎症を有さない
  カテゴリーIV→無症候性炎症性前立腺炎

NIH分類1の急性前立腺炎は
救急などで対応することがあります。

■症状
発熱
排尿困難
頻尿
排尿時痛
血尿
会陰部や下腹部の不快感

上記のような症状を訴える、、、

■疫学
リスク
 前立腺の鬱滞や鬱血をきたす会陰部の圧迫や刺激
  長時間のドライブ
  オートバイ
  自転車
  乗馬
 過度の飲酒
 性交
 手淫
 射精の中絶
 経尿道的医療行為

といったリスクを持った男性がいたら、
直腸診で前立腺の圧痛、腫大を
ちゃんと確認してください。
尿検査や培養、血液検査も重要です。

どうも直腸診のハードルが高い
研修医くんがいますが、
きちんと診断根拠を確認せず、
意味のない薬を出す方が
よほどリスクだと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:54 | Comment(0) | 泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち