お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年03月08日

医の倫理

医の倫理マニュアルは
一読しておくべき本だと思います。

IMG_4216.jpg

医の倫理には自律性の尊重、無危害、
善行、公正といった4原則があるとか、
WNAのリスボン宣言とかジュネーブ宣言とか
何となく医学生の頃に聞いたことがあるとは思います。

しかし実際モンスター患者・家族とか、
トラブルドクターとかを目の当たりにした時に、
トラブルシュートのために実用できるものには
なかなかなっていないと思います。

またWMAによる1997年の
『拷問その他の残忍、非人道的または人格を傷つける処置への加担、
 および看過を拒否する医師に対する支援に関する宣言』
などにも触れられており、
ウイグル問題などへの批判も
根拠のあるものになると思います。

という訳で!

臨床の現場で何か実際に起こった場合に
どうしたらいいのか分からない。
もしくは論破するための基本的な論理を知らない。

そんなことにならないように、
立ち帰れる場所を持っていることが
非常に重要だと思います。



WMA医の倫理マニュアル

是非一読してみて下さい。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:00 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち