お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年03月14日

腹部エコー コツ

腹部エコーのコツは何でしょうか?

研修医くんから相談がありました。

ひとまずざっとした全体的な流れを掴むこと。
腹部エコー やり方を参照ください。
それからどういう失敗があるのかを知ること。
最後にトラブルシュートの仕方を知ること。

これは大原則だと思います。

腹部エコーがちゃんと見えない時は
圧迫が不適切であることと、
消化管のガスが邪魔することが2大原因かと思います。

ということで!

適切な圧迫ができるよう調整しましょう。
 
 体格に合わせる(細身では軽く、肥満体では強く)
 病変の深さに合わせる(腹壁直下では軽く)
 病変の範囲に合わせる(広範囲では軽く、限局性では強く)
 病変を明瞭にする(病変と非病変部の連続性と境界を描出する)
 病態により変化させる(筋性防御や反跳痛などを考慮)

ポイントは最初は弱く、徐々に圧迫を強めることでしょうか。
他には腹圧のかからない呼気時に圧迫するとか、
圧迫と解除を「繰り返して」消化管ガスの排除を行うとか
色々とトライしてみましょう。

また消化管および消化管ガスの移動については
体位変換を行ったり呼吸法で対処することもあります。

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:13 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち