お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年03月15日

疾病利得

疾病利得とは疾患により
何らかの利益を得ている状態です。

例を挙げるとやりたくないことを避けられるとか、
人から心配されるといったことです。

簡単に言うなれば、、、

「病気治りたくない!」

と本気で思っているという意味です。

先日やってきた患者さんが非常に疑わしい方でした。

非常に強い訴えがありますが、
医学的に妥当ではない所見で
相当な解離がある方でした。

アレルギーが数多く確認されていると
本人はおっしゃいますが(約40種類!!)、
抗原特異的IgE抗体測定法のMASTで陽性になっただけで
実際に症状は息苦しさというだけ。
しかも病歴からは疑い物質を別の日には
普通に使えている!!

誰だよ、これをアレルギーと診断したのは。。。

しかも患者さんからの訴えが激しいからか
医師がどんどん薬を強くしていたという経過でした。

他の科のカルテでは手術傷が閉鎖しないということで
難治性と言われていたようですが、
ミュンヒハウゼン症候群の可能性もあるようでした。

ということで疾病利得の問診をしてみました。

具体的には嗜好歴をきく流れの中で
同居人とか仕事を聞き、
仲良いんですか?とかストレスってどうですか?
といった感じでサクサク聞いていきます。

すると出るわ出るわ。不満が大爆発。。。

身体はちゃんとみる。
でも人は心も大事だから
そっちもちゃんと診てもらいましょう。

ということでようやく精神科への受診に
賛同してくださいました。

年余にわたる難治性+モンスターペイシェントだったようですが、
ようやく少しだけ解決の糸口が見えたかもしれません。

ということで疾病利得など
ちょっとデリケートなところを
聞く時ほど淡々とやる方がいい気がします。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:27 | Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち