お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年04月10日

好酸球性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎(ECRS)とは
慢性副鼻腔炎の一型で、
非常に再燃率が高い疾患で、
2002年に日本から提唱され、
2015年に難病に指定されました。

にかわ状の鼻汁や嗅覚低下・嗅覚障害といった
症状が特徴的です。

診断はJESREC study(Allergy . 2015 Aug;70(8):995-1003.)に
基づいて下していきます。

両側(3)
鼻茸(2)
CTにて篩骨洞陰影(2)
血中好酸球(%)
 2< ≦5(4)
 5< ≦10(8)
 10<(10)
>>>
合計スコア≧11点で好酸球性副鼻腔炎の可能性が高い

アスピリン不耐症や気管支喘息など
合併症もとても特徴的です。

時折見かける疾患ですから、
知っておくといいと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:44 | Comment(0) | 耳鼻科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち