お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年05月04日

長谷川式

長谷川式とは改訂長谷川式簡易知的機能評価スケールの通称です。
認知症のスクリーニングのために使われるため、
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HSD-R)は
長谷川式認知症スケールなどとも呼ばれます。

認知症を"疑う"時に使用するものなので、
どの科に進むにしても知っておくべき検査方法の一つです。

・お歳はいくつですか?
  2年までの誤差は正解(1点)
・今日は何年の何月何日ですか?何曜日ですか?
  年、月、日、曜日がそれぞれ1点
・私達がいるところはどこですか?
  自発的に出れば2点
  5秒おいて、家ですか?病院ですか?施設ですか?の中から正しい選択をすれば1点
・これから言う3つの言葉を言ってみてください。あとでまた聞きますのでよく覚えておいてください。
  以下の系列のいずれか1つで採用した系列に○印をつけておく
   桜、猫、電車、梅、犬、自動車
  言えたらそれぞれ1点
・100から7を順番に引いてください。
  100-7は?それから7を引くと?と質問する。最初の答が不正解の場合は打ち切り。
  93と86が言えればそれぞれ1点
・私がこれから言う数字を逆から言ってください(6-8-2、3-5-2-9)。
  三桁逆唱に失敗したら打ち切り
  正解したらそれぞれ1点
・先ほど覚えてもらった言葉をもう一度言ってみてください。
  自発的に回答があれば各2点
  回答がない場合は以下のヒントを与えて正解なら各1点
   植物、動物、乗り物
・これから5つの品物を見せます。それを隠しますので何があったか言って下さい。
  時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など必ず相互に無関係なもの
・知っている野菜の名前をできるだけ多く言って下さい。
  途中で詰まり約10秒待っても出ない場合はそこで打ち切り
  5個までは0点、6個で1点、7個で2点、8個で3点、9個で4点、10個で5点
>>>
20点以下が認知症の疑い

自分でできなくても点数のカットオフくらいは
知っておかなければなりません。
20点以下の方がいたら認知症外来に
積極的に紹介しましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【神経内科の最新記事】
posted by いしたん at 09:56 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち