お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年06月19日

新型コロナウイルスワクチン接種後 変更

新型コロナウイルスワクチン接種後に
別の種類のワクチンに変更すると
どういったことが起こるのか?

ワクチン供給が難しい地域ではあり得ますし、
アストラゼネカ社ChAdOx1 nCoV-19では
若年者に重篤な血栓性血小板減少症が判明したため
2回目を変更することが実際に検討されています。

ということでChAd→BNT162b2という流れで
2つの異なるワクチンを使った臨床試験が報告されています。
Lancet . 2021 May 29;397(10289):2043-2046.

ChAd→BNT162b2群は
ChAdOx1 nCoV-19を2回使った群と比べて、、、

全身性副反応の出現頻度が増加
血球や生化学検査に関した副反応の頻度は同等
血栓症を来した症例なし

という結果でした。

これが強い免疫応答(さらに強い予防効果)に
繋がると面白いと思います。
今後の報告に期待ですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:05 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち