お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年06月22日

出生数

出生数について厚労省から
2020年の分が発表されました。

 2019年度:86万5239人
 2020年度:84万832人

観測史上最も少ない人数でした。
昨年ですら2017年に国立社会保障・人口問題研究所が
予測していた減少カーブよりも
相当低かったというのに、
それを大きく下回ったということでした。

新型コロナウイルス感染症のためでしょうね。

実際に婚姻数も大幅に減っています。
オンラインデートをするなどで
なかなか会えないカップルも多かったと思います。

若年では重症化しにくいということを考えると、
社会情勢として本当に仕方なかったのか
検証していくことも必要かもしれませんね。。。
(※いしたんも自粛推奨派でした。。。)

医者としては人口減が想定より早く進行しており
団塊の世代が後期高齢者になる2025年以降の
医療介護サービス需要の著増に対しての
医療提供体制の見直しなど
準備を進めていかなければなりません。

より良い未来に繋がるための行動を
していかなければと強く思うデータでした。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:出生数 2019 2020
posted by いしたん at 22:56 | Comment(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち