お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年06月28日

うつ病

うつ病は様々な症状を呈します。
生涯有病率5–15%と言われています。
一般内科に最初に受診することも少なくないので
しっかりと確認しておきましょう。

気分障害
 抑鬱気分
 悲哀感
 寂しさ
 不安、焦燥感
 日内変動
  朝に抑うつが強く夕方は軽快する
 劣等感
 悲観的
 絶望
 児童思春期の場合は易怒的な気分のことも

意欲障害
 興味・喜びの低下(失快感)
 意欲・行動の抑制・制止
 寡言、寡動
 昏迷
 徘徊、まとわりつき
 人嫌い
 自殺
  鬱病全体の2%
  鬱病で入院歴がある人の4%
  鬱病で自殺念慮・企図のエピソードでの入院歴ありの9%
  自殺の1/3が鬱病だったと推定されている
  うつ病の極期・回復期に多い

思考障害
 思考の流れ・形式の障害(考路障害)
  思考制止(思考の進みが遅延する)
   手順がまとまらない
  着想の乏しさ
  判断力・決断力の低下
 思考内容の障害:悲観的、絶望的、心気的、自責的に傾く
  微小妄想
   心気妄想
   貧困妄想
   罪業妄想
   虚無
   否定妄想
  懺悔
  自責
  仮性認知症

身体症状
 倦怠感
 不眠症(早朝覚醒)、過眠
 頭痛、頭重感
 食欲低下、増進
 上腹部不快感
 口渇
 便秘
 やせ
 性欲減退
 月経不順
 痺れ
 痛み

疑ったらうつ病のスクリーニング検査である
SIGECAPSをやって診断していきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:05 | Comment(0) | 精神科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち