お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年07月28日

患者 身だしなみ

患者さんの身だしなみからだって
色んなことが読み取れるんや。
というかその可能性を検討することは
医療面接の中でもかなり重要やで。

総合内科の先生が病棟で看護師さんや
研修医くん達を集めて教えて下さいました。
ついでにいしたんも参加してみました。笑

身だしなみ、服装から
例えばこんなことを予測しながら
患者さんを診察します。

 外出着:急性疾患、準備の余裕がある疾患

 パジャマ:朝まで待てない

 季節外れの厚着:甲状腺機能低下症

 季節外れの薄着:甲状腺機能亢進症

 高級なスーツの襟の汚れ:最近の経済困難

 外国製品:移民、最近の渡航歴

 チャックが多い:関節炎、運動性疾患

 作業着:職業

 滑稽な色の組み合わせ:色覚異常

 大きな帽子:日光過敏

 化粧
  バッチリ:健康状態はいい
  眉墨が濃い:脱毛
  片側のみ:半側空間無視
  かつら:脱毛
  爪の根本からマニキュアまでの距離:体調不良の期間(0.1 mm/dayで爪は伸びる)

 首のスカーフ:女性なら甲状腺切除後

 指輪
  緩い:体重減少
  きつい:体重増加、浮腫、末端肥大症
  指輪の日焼け跡:最近の離婚

 ネックレス:宗教

 ネクタイピン:職業、教育レベル

 時計
  文字が大きい:視力低下

 ベルトを緩めている:腹囲増加、腹水、体重増加

 ポケット
  沢山の飴:糖尿病
  タバコ:COPD、肺癌
  手紙やノート:筆跡からパーキンソン病など
  領収書:行動がわかる
   酒屋が多いならアルコール依存症
  免許証:財布生検になる(クッシング症候群とか先端巨大症)
  ティッシュ:痰の性状、涙の性状

 靴
  靴紐:緩いなら浮腫
  靴底:すり減り方が違えば片麻痺
  片側のみサンダル:関節炎(痛風)、骨折、認知症

 スーツケース:入院歴あり

患者さんの身だしなみから
ここまで想像するのかーと感動するとともに
ちょっと考えすぎじゃね?と思ってしまったのは
ここだけの話です。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:17 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち