お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年08月15日

癌関連血管炎

癌関連血管炎は以前は
腫瘍随伴性血管炎と呼ばれていた疾患です。

血管炎発症と癌発症が1年以内とか、
血管炎と癌の病勢に同調性がある
といった特徴があります。

癌細胞からのサイトカイン産生による
血管内皮細胞障害とか、
癌細胞からのICが産生され
血管に沈着して障害するといった病態が
提唱されています。

原因としては血液腫瘍が多いとされています。

薬剤関連血管炎や感染性血管炎など
しっかりと鑑別して診断していきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:37 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち