お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年08月19日

メサンギウム増殖性腎炎

メサンギウム増殖性腎炎は
腎生検の病理所見の名前です。

基底膜の肥厚はなくメサンギウムの増殖が
見られることが特徴です。
具体的にはメサンギウム領域あたり
3個以上の核が見られます。

以下のような原因が挙げられています。

 全身疾患に伴うもの
  免疫疾患
   メサンギウム型ループス腎炎
   MCTD
   IgA血管炎
  感染症
   感染性心内膜炎、癩病、住血吸虫症など
  肝疾患
   肝硬変、A型肝炎
  心疾患
   拡張型心筋症
  肺疾患
   気管支拡張症など
  血液疾患
   原発性骨髄線維症など
  網膜色素変性症
  糖尿病性糸球体硬化症

 原発性糸球体腎炎
  急性期を過ぎた(回復期の)急性腎炎
  IgA腎症
  IgM腎症
  C1q腎症
  C3単独 or C3とIgGの沈着を認めるもの
  C3も免疫グロブリンも沈着を認めないもの

この病理を見たら上記のような
疾患がないのかの検査をしっかりとやりましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 12:27 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち