お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年09月16日

sars-cov-2 変異株 原因

SARS-CoV-2を始めとするコロナウイルスは
nsp14という校正機能を発揮する
タンパク質を持つことから、
変異の速度が遅いとされています。

このためSARS-CoV-2については
変異株は少ないだろうと予測され
当初は集団免疫による制圧が期待されていました。

しかし当初の予測からは大きく外れて
沢山の変異株が報告されるようになり、
集団免疫による制圧は難しいと
楽観的な見方は取り下げられました。

何故こんなに変異株が出てくるのか?

その理由の一つは組換えだそうです。
エディンバラ大学から8月16日のCellに
その証明が報告されました。
Cell . 2021 Aug 17;S0092-8674(21)00984-3.

新型コロナウイルスはRNAウイルスなので、
もちろんヒトなど真核細胞とは異なる機序で
組換えが起こるそうです。

具体的にはRNAポリメラーゼ複合体が
複製途中で鋳型を乗り換えるという現象だそうです。

このため組み替えが起こるためには
同時に鋳型となる異なる2つの株の感染が必要です。
つまり現在のように流行期はヤバいってことですよね。

論文ではイギリスでのウイルスゲノムの調査結果から
α株と非α株の遺伝子配列をもつ変異体を同定し、
実際に組み替えが起こったことを
様々な統計学的手法を用いて証明しています。

細かい手法は分かりませんが、
結論として大流行を起こさないことが
新たな変異株を産まないためにも
重要であるということですね。

ワクチンをバシッと皆で打つことが
やっぱり大切なんだろうなーと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:44 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち