お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年09月18日

患者 涙

患者さんに涙を流す機会を作ってあげるのは
とてもいいことかと思います。

患者さんからの信頼の厚いあるドクターは
意図してかせずかその医療面接の中で
患者さんが泣く機会がとても多いようです。

どうしてなのか伺ってみると
その一言か!!という心に刺さる
言葉をかけてあげているようでした。

「ここまでよく辿り着かれました。
 とても辛かったですね。
 もう大丈夫です。安心してください。
 診断はつきました。
 必ず良くなります。
 ここでしっかりと治療をしましょう。」

診断がつかず様々な病院を渡り歩き、
その間にどんどんどんどん悪くなる
不安が募る患者さんにが
どれだけ聞きたかった言葉か。

いしたんは結構淡々とエビデンスなど
説明していたかもしれないなあと反省しました。
心遣いを忘れずに行きたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:患者 泣く
posted by いしたん at 22:14 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち