お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年10月13日

局所陰圧閉鎖療法

局所陰圧閉鎖療法は
(negative pressure wound therapy、NPWT)
2010年に保険収載されてから
どこの病院でも見られるようになった治療です。

商品名をとってVAC療法と
(vacuum assisted closure)
呼ばれることも多いです。

ということでどんな科に進むにせよ
ぶつかることがある医療技術です。

■原理
創部に持続的に陰圧を加える

創縁を引き寄せる(創収縮。死腔形成の阻止)
過剰な滲出液を除去(組織の浮腫を軽減)
創部の血流増加や血管新生、細胞増殖が刺激される(肉芽形成が促進)
感染性老廃物を除去

■適応
一期的閉鎖が不可能な創傷
 外傷、熱傷、手術創、褥瘡

■禁忌
悪性腫瘍がある創傷(QOL向上のための緩和ケアの使用は除く)
臓器と交通している瘻孔
主要な血管、神経、臓器が露出している創傷
痂皮を伴う壊死組織を除去していない創傷

■副作用
感染

というくらいのことは知っておきたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:59 | Comment(0) | 皮膚科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち