お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年10月18日

女性化乳房

女性化乳房ってなかなか言いづらいです。
男なのに胸があるので病気じゃないかと
心配ではあったのですが
そもそも胸が大きくなったと言うのが
とても恥ずかしいんですよ。

先日、胸の痛みを主訴に受診され、
薬剤による女性化乳房と診断した方が
改善後にそう仰いました。

確かに仰るとおりですね。
勇気を出して相談してくれたからこそ
医師も一発で診断と方針を決められるように
なっておく必要があります。

女性化乳房の原因は以下のようなものがあります。

エストロゲン過剰
 真性半陰陽
 精巣腫瘍
 胚細胞腫瘍
  絨毛癌
  セミノーマ
  など
 副腎皮質腫瘍
 hCG産生肺癌(小細胞癌)
 甲状腺機能亢進症
 甲状腺機能低下症
 肝硬変

アンドロゲン作用低下
 原発性(睾丸性)性腺機能低下症
  クラインフェルター症候群
  アンドロゲン受容体異常症
   睾丸性女性化症候群
   Reifenstein症候群(レイフェンステイン症候群)
   球脊髄性筋萎縮症
 続発性(視床下部下垂体性)性腺機能低下症
  ゴナドトロピン単独欠損症
  高プロラクチン血症
  神経性食思不振症
 慢性腎不全

薬剤性
 ジギタリス
 H2 ブロッカー
  シメチジン
 向精神薬
 降圧薬
  Ca拮抗薬
   ニフェジピン
  K保持性利尿薬
   スピロノラクトン
 ホルモン薬
  エストロゲン
  抗アンドロゲン薬
   ビカルタミド
  デュタステリド

特に薬剤性についてはとても重要です。
覚えておきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:55 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち